• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop namedog salon ” FortuneDog "

shop name富士☆三郎商店

カテゴリ
ホーム >> 注目情報一覧 >> 防災関係

防災関係

家庭内備蓄について

家庭内備蓄について

東日本大震災が我々に教えてくれたのは「イザという時は、いつか必ずくる!」という事でした。

その際に、本当に大事なのは『パニック時の最初の3日間をどう乗り切るか?』です。そう、避難所等に外部から支援物資が届くのは3日目以降くらいです。発災当初の3日間は「自分達の身は自分達で」守らなければいけません。


その時必要になってくるものを常日頃から『家庭内備蓄』しておく事の重要性を今一度再認識し、準備をしておきましょう!

「家庭内備蓄」が肝心です!

「家庭内備蓄」が肝心です!

※店舗の商品はすぐ、売り切れてしまいます!
※メーカーの生産ラインが止まり供給が止まります。
※あるいは生産が追いつかない状況になります。
※交通が混乱し、支援物資が届くまで平均3日と言われています!

「自分のため」「家族のため」家庭内備蓄を行ない、一定期間自活出来る様にするのが大事なポイントです!

(写真は食料の例ですが、もちろん『水』は言うまでもありません。それ以外に救急セットやラジオ・電池等大事なものは沢山ありますので、『平時の今』しっかり確認しておきましょう!)